お問い合わせ

ナチュラルセラピー

  1. ホーム
  2. ナチュラルセラピー

アロマセラピーとは?

アロマセラピーとは?

木立の中を散歩していると、清々しい気分になったり庭に咲く花の香りにホッとさせられたりすることはありませんか?

また、元気に育つように・・病気せずに過ごせますようにという菖蒲湯や、柚子湯などの日本古来の習慣も、おまじないではなく、ちゃんと理にかなったもので立派なアロマセラピーの一種でもあります。アロマセラピーという言葉自体は新しいものですが、中国やエジプト、インドなどでは3000年以上の歴史があり、古くから親しまれてきました。 木立の中を散歩していると、清々しい気分になったり庭に咲く花の香りにホッとさせられたりすることはありませんか?

アロマセラピーという言葉は、アロマ(=aroma:芳香)とセラピー(=therapy:療法)を 掛け合わせて 作られました。1928年にフランスの科学者ガット・フォゼが初めて使用したと言われています。 木立の中を散歩していると、清々しい気分になったり庭に咲く花の香りにホッとさせられたりすることはありませんか?

元々、人の身体には自然治癒能力が備わっていますが、その力を香りによってより多く引き出すために利用するわけです。例えば、ストレスで心が緊張した状態でいると、やがて不調など身体の症状となって現れてきます。香りは情報を脳に届けるメッセンジャーとなり、それによって身体の器官にさまざまな伝令が届きます。 心地よい香りによって心の緊張が解け、リラックスしたりリフレッシュするのです。 木立の中を散歩していると、清々しい気分になったり庭に咲く花の香りにホッとさせられたりすることはありませんか?

アロマセラピーは、ハーブなどの 自然の植物が生み出す 精油(=エッセンシャルオイル…花、葉、根、樹皮や果皮などから 抽出した天然の揮発性の芳香物質)を用いて、心と身体を健康にする というナチュラルセラピーの一種です. 木立の中を散歩していると、清々しい気分になったり庭に咲く花の香りにホッとさせられたりすることはありませんか?

最近は、ご家庭でも、植物オイルで希釈してボディマッサージをしたり、 お部屋の芳香や、お風呂でもバスソルトや、シャンプーにも利用されています。


リフレクソロジーとは?

リフレクソロジーとは?(反射区療法)

リフレクソロジー

足もみ、反射区療法(ゾーンセラピー)ともいわれています。手、足、耳などには、『反射区』と呼ばれる、体の臓器や筋肉の状態を映す鏡のようなツボがあります。

例えば、肩が痛いなぁ…って、思う時に、足にある肩の反射区を、揉んでみると、ゴリゴリとしこりになっていたり、ぐっと押すと痛かったりするのですが、直接肩を揉まなくても、足の肩の反射区を、指や棒で押したり、揉んだりすると、不思議な事に、す~~っと、痛みがなくなったりするのです。

また、足を揉むことにより、血行やリンパの流れを良くして、リラックス効果も得られるので、心身ともにストレス解消することが、可能です。


リフレクソロジーの特徴は?

『安全で副作用がない』

薬や注射を使わず、機械(熱や電気)も使用しない自然物理療法です。

『簡単で、誰にでも出来る』

特別な設備も必要なく、経済的にも負担のない気軽に出来る健康法です。。

『効果が早い』

部位や、症状の程度にもよりますが、即効性が期待できます。


自分で、揉む際の注意事項

①食後1時間は揉まないようにしてください。

食事の直後は、消化活動を行うため、胃などの消化器に血液が集まります。足を揉むことにより、血液循環が促進され、血液が体中に分散してしまい消化の妨げとなる恐れがあります。

②妊娠中、生理中は、避けましょう。

血行が良くなり、生理中は出血が増えたりすることがあります。また、妊娠の初期には注意しましょう。

③足を揉んだら、白湯を飲みましょう

血液中の老廃物を尿として排出する手助けとなります。白湯(さゆ)以外の飲み物を飲む場合は、コーヒーなどのカフェイン入りの飲み物は避け、そば茶やハーブティなどの暖かい飲み物がおすすめです。

④骨の上は、強い刺激をしないようにしましょう。

内出血や骨髄炎の原因になる恐れがあります。

⑤同じ箇所にだけ集中して揉んだり押したりしないように注意しましょう。

皮膚の表面が、傷ついたり、固くなったりすることがあります。

⑥長時間やりすぎないよう、30分をメドに揉みましょう。

長い時間足もみを行えば、結果が倍増するという訳ではありません。

⑦揉み始めと終わりは基本ゾーン

特に揉んでいく順番は、問いませんが、左足からスタートし、基本ゾーン(毒素の排泄を促す腎臓→輸尿管→膀胱→尿道の泌尿器の反射区)から揉み始め、最後も必ず基本ゾーンで終わります。

⑧オイルかクリームなどを使用しましょう。

皮膚の摩擦によるダメージを防ぎ、保護します。

タラソセラピーとは?

タラソセラピー

タラソセラピーはギリシャ語で『海』を意味する「タラサ」と、療法の意味を持つ英語の「セラピー」(フランス語では、テラピー)から来る、海洋気候の環境のもとで、海水、海藻、海泥などを用いて行う海洋療法です。

タラソテラピーの歴史は、紀元前350年、医学の祖と言われるヒポクラテスの療法にさかのぼります。

20世紀初頭、フランス人のルネ・カントンによって、海水の成分構成(微量元素)が人間の血液と非常に似ていることが証明され、タラソセラピーの人体への作用が注目されるようになりました。

生命を維持する上で、微量元素は大切な働きをします。体内では、血液中に主に存在しますが、バランスが崩れると体調に異常をきたします。例えば、鉄分の欠乏が、貧血などの原因になることは、ご存知の通りです。こうした、生命の維持に欠かせない微量元素の成分を『オリゴ・エレメント』といいます。


オリゴ・エレメントの身体への働き

亜鉛
  • ビタミンと共に作用して、血液の生成を助ける
カリウム
  • 筋肉の強壮作用
  • 腸の働きを活発にする
  • 体液の水分調節に関わる
カルシウム
  • 骨の生成に関わる
  • 血液凝固に不可欠
  • 神経系の調節を行う
コバルト
  • 血液中のヘモグロビンの生成を助け、鉄分の吸収を促す
  • ヘモグロビンの成分
  • 腸の活動を促進する
  • 酸素の作用に関わる
  • 骨を育て、細胞を活性化させる
  • 鉄分の吸収に不可欠
  • ヘモグロビンの生成に関与する
ナトリウム
  • 血液をアルカリ性に保ち、生体機能に深く関わる
マグネシウム
  • 細胞のコンディションを調整する
  • 身体の抵抗力を強化する
  • 強壮効果がある
  • 成長に不可欠
ヨード
  • 甲状腺ホルモンの原料
  • 基礎代謝に重要な働きをする
オリゴ・エレメントの身体への働き

もともとは、リウマチや神経痛、硬化症、喘息、皮膚炎の慢性病に有効な治療とされてきました。また、神経系統の障害、運動器官や脊髄に生じた外傷性障害などのリハビリテーションなどにも注目が集まっています。

美容分野においても、エステティックサロンや、ホームケアで、海藻や海泥のボディマスクや海塩浴などによって、活用されています。

身体のコンディションを整え、機能を高めるとともに、古い角質や、毛孔の深部にたまった老廃物を除去して、新陳代謝を促し、健康な素肌作りに貢献しているのです。

クレイセラピーとは?

クレイエッセンスセラピー

クレイはミネラルを主成分としています。酵素、ケイ土、鉄、カルシウム、亜鉛、マグネシウムで、構成されていて、これらの成分(マイナスイオン)が体内に吸収され、新陳代謝を活発にし、体内に蓄積された毒素や老廃物を排出し、弱アルカリ体質に変えて行きます。

クレイには体内のプラスイオンをマイナスイオンに変えていく力を持っているので、各器官の働きを向上させて、免疫力アップ、心身のバランスをとることができます。(血液中のプラスイオンが多くなると、細胞の新陳代謝が低下して、身体の機能低下を起こし、早期老化の原因となることがあります)クレイは内用も素晴らしい作用がありますが、ここでは外用を説明します。


フェイシャル

お顔のクレイマスクには、粒子の細かいクレイが適しています。クレイを水等に溶かして、ペースト状にして顔に塗り5~15分して拭き取るか洗い流します。

皮膚深部の汚れを取り除き、老廃物を吸着し、血液循環をよくするのでターンオーバーを正常にし肌を健康に保ちます。

ボディ

ボディのクレイマスクには、粒子の粗いクレイを使用します。クレイに水を注ぎ一晩おきます。

これにより、なめらかなペースト状になります。これを直接肌に塗り、20分~1時間ほどおいて 拭き取るか洗い流します。

炎症がある部位は、1~2cmほど厚めに塗るかガーゼに包みシップとして使用するのも良いでしょう。身体を浄化し、体内の有害物質を排泄する手助けをしてくれます。

ストーンセラピーとは?

ストーンセラピー

ナチュラルセラピーで行われるポピュラーなストーンセラピーは、大きく分けるとホットストーンセラピーパワーストーンセラピーの2つに分かれます。


ホットストーンセラピー

ホットストーンセラピーは、温かい天然の石(ストーン)とオイルを使ったトリートメント法です。

大きめのストーンを体の疲れの出やすい背中(肩・肩甲骨・腰)に並べたり、足裏や手のひらに置いたり、足の指に小さなストーンを挟んだり、温めたすべすべのストーンをオイルを塗布した体の上で滑らせ、筋肉の流れに合わせて全身トリートメントマッサージを行います。

ストーンの遠赤外線効果により、温かさが身体の奥深くまで浸透し、温泉入浴後の温浴効果ように血液やリンパの流れを活発にし代謝を高めます。

そして、ストレスや疲れによる筋肉の緊張を緩和、自己治癒力を高め、心身の調和と浄化を促進します。肩こり、冷え性、不眠、腰痛、むくみ、目の疲れなど、現代社会の様々なストレス症状を緩和手助けをしてくれるのです。

使用する石は、特に限定されてはいませんが、アメリカのアリゾナやハワイのマウイ島の火山流から地表に噴出したマグマが急速に冷えて固まってできた、火成岩(玄武岩)が多く使われます。玄武岩は、鉄分やマグネシウム分などの鉱物を40%~70%も含む苦鉄質火山岩で、全体の色は黒っぽく艶があります。組織の密度が高いため熱が冷めにくく、遠赤外線効果高いので体の深部までじんわりと温かさを伝えることができるのです。

火成岩はおもに海底をつくっている岩石でもありますので、まさに地球そのもののエネルギーを受けている・・と、言えそうですね!

お家で気軽にストーンセラピー

お湯で温めたホットストーンを使って、オイルを塗布し、マッサージしてみましょう。
触ってみてヒンヤリとする箇所、押すと痛く感じるところ(慢性の筋肉疲労)には特に効果的です。ストーンをすべらせるようにマッサージしてみましょう。


パワーストーンセラピー

パワーストーンセラピーは、ジャムセラピー(ジェムヒーリング)などとも呼ばれる、天然の石の持つ個々のパワーを生かしたナチュラルセラピーです。

天然石には、太古の昔から神秘的な力があることで知られています。古くは御守りとして身に付けていたり、ギリシャ医学では病気の治療にも用いられていました。現在でも伝統的な中国医学やアーユルヴェータ(インド)などには「石薬」の伝統が残されています。ジェム・エッセンスとして、石のエネルギーを水に転写した製品も数社より発売されていますし、水晶水などは、家庭でも気軽に作ることが可能です。オイルにストーンのエネルギーを転写したジェムオイルでのトリートメントも行われています。

最近人気のローズクオーツは、愛情の石として有名です。個人的にも、天然石が大好きで、ブレスレットやストラップにして身に付けていました。以前、石の意味も知らない時に、どういう訳かアメシストを身に付けていたいと感じる時がありました。実はこの時、炎症があって沈静が必要だったのですが、アメシストは、まさにうってつけの石だったのです。その他にも、無意識に選んでいた石が、その時々に自分に必要であった事を後で知り、驚きました。

一つ一つの石には独特の力があり、人々はその力によって幸せを掴みたいという思いから様々な石を身に付けたり部屋に飾ったりして、特別なものとして接してきました。 石には時代を問わず人を惹きつける魅力があります。それは、石そのものが固有の輝きやパワーを持っていて自らの力によって輝いているからです。


フラワーエッセンスセラピーとは?

フラワーエッセンスセラピー

野生の花を用いた、この療法(バッチ・フラワー・セラピー)を確立したのは、イギリスの医師であり、細菌学者でもある「エドワード・バッチ博士」です。

バッチはかせは、花の持つエネルギーが、人のマイナスの感情をやわらげ、ポジティブに変えていく力があることを発見したのです。博士の願いは、医学教育を受けていない一般の人でも、実践できる

用いるフラワー・レメディは、自生する植物や樹木の花から作られ、有害であったり、常用癖をもたらすことは、ありません。これらは、直接身体の病気に対してではなく、悩み、恐れ、怒り、不安といった心の状態や、気分に応じて処方されます。

悩みや恐怖の状態が続くと、体力の消耗が、起こります。そして、本来身体に備わった、病気に対する抵抗力も失われ、感染症や疾患に転じやすくなります。

バッチ博士は「治療が必要なのは、病気ではなく病んだ人々の心)だ」と、植物のもつ癒しのエネルギーに着目し、この療法を確立したのです。

タイ古式マッサージとは?

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージは、タイ語で「ヌアボーラン」と言います。これは、マッサージするという意味の「ヌアット」と古式、伝統的という意味の「ボーラン」が合わせられ、「ヌアット・ボーラン」となり、「ヌアボーラン」となりました。

起源は2500年前にさかのぼり、仏陀の主治医で、タイの「医学の父」と呼ばれるシヴァカ・クマールヴァッカが、創始者と言われています。

このマッサージは、数百年も前から病気の治療法として、臨床的に実践されてきました。そして、母から子へ、仏教僧の師から弟子へと、口頭で伝えられてきました。

人体に流れる「セン」と呼ばれる人体のエネルギーラインに刺激を与えることによって、自律神経のバランスをとり、体調を整えます。

中国や日本の按摩に近い手技から、アクロバット的な施術まで、幅が広く、被術者の身体状況にあわせて、必要な施術を行います。

大きく分けると、バンコクの「ワット・ポー」を中心とした、指圧、手掌圧迫などが中心の手技による南のエリアの手法。チェンマイの「ワット・スアンドーク」を中心とした北のエリアの、ストレッチによって「筋をひっぱる」手法の2つに分かれます。


タイ古式マッサージの効能

体の凝りや疲れを癒すのはもちろんですが、タイの衛生省の掲げるヌアボーランの効能は、
頭痛、糖尿病、風邪の予防など、60種類以上にもなり、病気の治療法としても、大学病院などで取り入れられています。

器官系

胃弱・慢性胃炎・便秘・下痢・食欲不振・体力増強・老化防止・風邪の予防・高血圧・低血圧・貧血・血行障害・冷え性・生理不順・不妊症・ぜんそく・アレルギー

痛み・コリ

筋肉痛・腰痛・肩コリ・眼精疲労・首や背中の痛みやコリ・リウマチ・膝の痛み・足のつり・足の疲れ・疲労による全身のだるさ

美容

肥満・腹部引き締め・ウエストラインを美しくする ・足のムクミ・脚の線を美しくする・肌の新陳代謝促進・シワの減少

精神面

不眠症・ヒステリー・興奮を静める・イライラの解放